高知県の賃貸マンション・賃貸アパート・賃貸住宅の不動産情報は高知賃貸ナビにお任せ!

高知県の賃貸マンション・賃貸アパート・賃貸住宅の不動産情報は高知賃貸ナビにお任せ!Provided by 株式会社ファーストコラボレーション

高知県高知市周辺で敷金・礼金なしの賃貸物件を探す~基礎知識と注意点~

2023/05/11


「敷金・礼金なし」の物件は、初期費用を軽減してくれるため人気が高いですが、

思わぬ落とし穴もあるため注意が必要です。


ここでは、敷金・礼金の基礎知識や、「敷金・礼金なし」の注意点を解説していきます。ぜひご覧ください。


敷金・礼金とは


まずは、敷金・礼金の定義や仕組みなどに触れていきます。

敷金と礼金の違い、相場を把握されたい方は是非ご一読ください。


敷金とは

敷金とは、貸主や管理会社に担保として預けておく、契約時に支払う費用のことです。


退去時に原状回復費用が必要となった場合や、家賃の支払いが滞ってしまった場合などの、支払う金額として充当されるのが敷金です。預けておくお金であるため、家賃滞納や原状回復費用が発生しない場合は、退去時に返金されます。


※原状回復費用=退去時の際、賃貸した物件を入居時と同じ状態に修繕・回復させるための費用

※敷金を充当するかの判断は貸主側になるため、借主側に権限がないことに注意


礼金とは

礼金とは、貸主に対して、契約時に謝礼の意味を込めて支払う費用のことを言います。


敷金は預けるお金ですが、礼金は支払うお金であるため、敷金と違って返金されることはありません。


一説によると、その昔、入居させてくれる貸主に対して御礼の気持ちとして渡していたものが、現在は慣習として礼金という形になっているとされています。


敷金・礼金の相場

都市部と地方とでは家賃の差はあれど、敷金・礼金の相場は大きな差はありません。家賃の1~3ヵ月分、としている物件が大半です。


ただし、最近では3ヵ月分としている物件は減少傾向で、敷金・礼金の相場は1~2ヵ月分の認識で良いでしょう。


「敷金・礼金なし」とは

「敷金・礼金なし」とは、契約時にどちらの費用も必要ないことを意味します。物件によっては、敷金か礼金のどちらかが不要というケースもあります。


初期費用を抑えられることが、入居者には大きなメリットとなるため、「敷金・礼金なし」のニーズは年々上がってきています。


「敷金・礼金なし」物件の注意すべき点


魅力的に見える「敷金・礼金なし」ですが、思わぬところでトラブルになる事があります。

トラブル発展を避けるためにも、注意点を把握しておきましょう。


家賃に上乗せ?

「敷金・礼金なし」で募集する事で、集客力を高めることができます。一方で、貸主の取り分が減ってしまうため、家賃に上乗せしている場合があります。


希望している物件が、周辺物件の家賃相場とかけ離れていないかは要チェックです。


契約時に別名目の費用がかかる?

「敷金・礼金なし」の代わりに、「清掃費用」「クリーニング費用」といった名目で、費用が発生する場合があります。「敷金・礼金なし」ではありますが、別の費用が発生すると、入居者にとっては結果的に初期費用がかかってしまう形になります。


ただ、お部屋のクリーニング費用は、退去時に必要な原状回復費用としてほとんどの物件で必要な費用のため、契約時に前払いしておくと安心ではあります。


「敷金・礼金なし」であっても、その他にどのような費用が必要となるのか、不動産会社に確認するのがベストです。


退去時に費用がかかる?

契約時に敷金を預ける場合、退去時に発生する原状回復費用については、そこから差し引かれる形で支払いが可能です。


「敷金なし」で契約した場合は預け金がないため、原状回復費用は退去時に支払う必要があります。


どちらの場合も、手元から出ていく金額に変わりはなく、契約時(前払い)か退去時(後払い)の違いです。このような費用は先に払っておきたい、という方には、敷金ありの物件でも問題ないでしょう。


「敷金・礼金なし」物件は危険なのか?